1. TOP
  2. 庵治石産地について
  3. 庵治石の歴史

庵治石産地について

庵治石の歴史

庵治石の歴史は非常に古く、京都男山の石清水八幡宮の「建武回記録」という固文書の中に次のような記載がある。

1339年(暦応2年)この八幡宮の宝殿、弊殿、拝殿の再建にあたり、石種30種余、箇数5000箇あまりの切石が使用されたが、これは前例にならって、検校職(お宮の事務を総管する役)をつとめる田中殿の所領地讃岐の国から送り込まれた…

一方、田中家文書によると、平安末期から南北朝、室町時代にかけて中讃岐草木の庄、牟礼の庄(現在の大字牟礼大町)一帯が石清水八幡宮の荘園であったとされているから、この再建のための石材に「庵治石」が使用されたと思われる。つまり、庵治石は平安時代後期からおよそ1000年の歴史の中で注目を集めていたと言える。

また、当地域での庵治石製品加工の発祥は今をさかのぼること650年、石清水八幡宮の再建時と思われるが、工法作品等斬新的なうつろいは1814年屋島東照宮造営の頃と言われている。それまでも牟礼、庵治には石工はいたが手不足のため、和泉の国より石工を呼びよせた。任務を終えた彼ら石工達は現在の久通り附近に住みつき、この地で自らの業を立て始めたが、この頃からすでに石材産地としての胎動があった。さて、時代は明治に移る。この頃は「庵治石産地」としての基礎づくりの時期となった。

当時は、寺社建築、供養塔等に数多く見られる石造物と彫刻物は、注文を受けた石工が自ら山へ足を運び、原石を採掘加工をしていたが、時代の進展と共に採石と加工が次第に分業化され、丁場師と呼ばれる山石屋と、仕立師と称される加工石屋とに分かれて現在に至った。大正より昭和の戦前は「庵治石」発展の時代だった。花崗岩の中でも特にかたい「庵治石」を見事に製品化する技法を得た石匠が、その技によって刻みあげる石彫品は、「庵治石」と共にその名を全国に輝かした。戦後は苦しい時代だったが、食糧事情も徐々に緩和され一般庶民の生活もようやく安定し始めると共に、灯籠、墓碑等の要望も増加していった。昭和35年頃になると、石材切削機が作製され従来の石材加工に大変革をもたらした。更に、研磨機、切削機とともに自動化が図られるようになり、必然的に著しい技術改良が進んだ。

現代は、石匠が年月を経て身につけた技術を思うがまま発揮できる時代で、益々「庵治石産地」として発展している。

庵治石を利用した有名な建造物

  • 首相官邸
  • 長島スパーランドの雪見灯籠
  • 東京ドーム・ラクーア露天風呂
  • 道後温泉本館の浴槽湯口
  • フィレンツェ市役所前広場のブロンズ像の台
  • 六本木ヒルズ内レストラン
  • カナダ大使館4回中庭
  • 高橋尚子金メダル記念碑(千葉県三石山観音寺)

庵治石を利用した墓石

  • 高橋家(元首相)
  • 大平家(元首相)
  • 石原家(映画俳優)
  • 原武家(歌手)
  • 佐治家(サントリー)
  • 手塚家(マンガ家)
  • 霊友会教団恩師 他
  • あじすたのコンテンツメニュー
  • お知らせ一覧
  • 商品一覧
  • 庵治石産地について
  • 讃岐石材加工協同組合とは
  • オリジナルオーダー
  • オーダーサンプル
  • あじすた通信
  • お買物ガイド
  • お問い合わせ