1. TOP
  2. お知らせ一覧
  3. 庵治石の魅力を再発見 産地の加工工場めぐりをしてみると「お宝」が見つけられること間違いなし!№4

お知らせ

庵治石の魅力を再発見 産地の加工工場めぐりをしてみると「お宝」が見つけられること間違いなし!№4

皆様、こんにちは。
今回、ご紹介するものはサイズが小さすぎたり形状の問題により製品にするのは難しい石の活用方法です。

庵治石材産地の工場は「宝の山」

加工工場内でのざんねんな出来事シリーズ④ 庵治石「ゴロ太石」

「ゴロ太石」とは採石場で石を切り出すときに出てくる石です。この石は端材ではなく丁場(採石場)でとれるサビ色(少し赤みがかった色)の玉石で全体に丸みを帯びており山から出てきたそのままの状態です。なので人の手は一切加えられておらず自然の風合いが感じられます。
「庵治石=グレー」のイメージがありますが、この「サビ石(赤みがかった石)」と呼ばれる石には別の趣きがあります。産地では「彫刻物に変化を持たせたい」「庵治石の違う魅力を引き出したい」という職人たちに使われています。この石は自然から生み出された石なので大小さまざまな大きさのものがあり、同じものはありません。
大きめのサイズのものは主に造園業者によって庭園造りや石積工事等に使用されています。皆様も街中で「石が積まれた花壇」を見かけたことがあると思いますよ。このような工事では同じようなサイズが集められてしまう傾向があり、産地には使用されなかった「ゴロ太石」がたくさんできてしまうのが残念です。
皆様も小さなものを使ってご自身で手軽に庭造りができますよ。アイディア次第で日本庭園だけでなく、洋風庭園にも利用できます。自作のお庭には愛着が湧きますね。色々なサイズや形があるので、宝探しの感覚で見つけていただくのも楽しいと思います。機会があればぜひお試しください。



花壇での使用
花壇での使用
公共の場で見かけられる花壇
公共の場で見かけられる花壇
花壇の前面に配置
花壇の前面に配置
  • あじすたのコンテンツメニュー
  • お知らせ一覧
  • 商品一覧
  • 庵治石産地について
  • 讃岐石材加工協同組合とは
  • オリジナルオーダー
  • オーダーサンプル
  • あじすた通信
  • お買物ガイド
  • お問い合わせ